白夜行あらすじ

今、日曜劇場の天国と地獄がめっちゃ楽しみ!

で、綾瀬はるかさんつながりで、週末、paraviでドラマ「白夜行」を一気見しました。

東野圭吾さん原作のドラマ「白夜行」のあらすじ。

桐原亮司(山田孝之)と唐沢(西本)雪穂(綾瀬はるか)の19年間の物語。
小学5年生の秋、雪穂は、自分の母により、亮司の父親に売られる。
ある日、亮司が工事途中のビルの中で、父親と雪穂をみつけ、父親を刺殺。
雪穂は、自分の母親に罪を着せるために心中を企てるが、自分だけ生き残る。
二人は、殺人事件の被害者と加害者の子供となるが、知り合いだったことを隠し、全くの他人として時効を待ちながら生きることにする。
雪穂は、唐沢家の養女となり穏やかな高校生活を送っていたが、ある時、過去を同級生にばらされ、嫌がらせを受ける。亮司は、父親が雪穂をビルに連れ込む写真をネタにゆすられる。
ここから、二人の秘密を守るために、次々と犯罪に手を染めてゆく。
といった、なかなかに、悲惨な話なのですが、時々見直したくなる、有名なドラマです。

綾瀬はるかさんと山田孝之さんの名演は、もちろんですが、私は、この時の武田鉄矢さんの笹垣刑事が好きです。
最初の事件の時に、どう考えても、大人では、密室となった犯行現場から逃げるのは無理な状況だったのに、雪穂の母親が犯人ということで、事件は幕引きされ、自身は転勤となってしまう。
ここから、ずっと、二人を追い続けるのですが、途中で大事な後輩刑事をも失うことになる。

なぜ、亮司の父親が、あんな、工事中のビルに居たのか、亮司と雪穂の関係がずっとわからないまま、二人が次々に起こした事件をずっと追っていく。
途中から、警察を辞め、探偵事務所となっても、ずっと二人を追っています。

最後の方で、二人が事件を起こす前に通っていた図書館の司書(余貴美子)が笹垣を訪ね、笹垣により、一連のことの顛末が明らかにされるのですが、
どうしてそんな生き方しかできなかったのだろう。
あの時気が付いてあげれば、あの時逮捕していれば・・・・

武田鉄矢さんは、「ストロベリーナイト」でも、主演の竹内結子さんの宿敵刑事「ガンテツ」役でしたが、現場の叩き上げ刑事が似合いますが、白夜行の笹垣刑事が一番好きです。

原作では、二人の心理描写というより、周囲の人の視点から、物語が語られるという形のようです。

いちど、じっくり原作も読んでみたいと思います。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

白夜行 (集英社文庫) [ 東野圭吾 ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2021/2/24時点)

楽天で購入

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました